TOP| |お問い合わせ Information


@officeokumura  

父と私
Father and me
文:奧村森

この連載シリーズは毎回、A4版で10枚程度の記事と写真で構成しています。
資料をご希望の方はお問合せ下さい。

疎開生活

 合名会社のある場所は、千曲川沿いにあり、西方に八ヶ岳、晴れた日には浅間山と富士山も眺望できる風光明媚な場所である。佐久穂積村は臼田よりもっと田舎、村の端から端まで1キロメートルほどしかなかったが、それでも僕にとっては全世界であり広く感じられた。父がある日、長男、昭に大きな荷物を持たせて佐久穂積に帰ってきた。荷物を開けてみると、ペダル式のおもちゃ自動車と三輪車であった。戦中戦後の混乱期で何ひとつおもちゃに触れていない僕を気遣い、大枚を叩いて購入したものと思われる。佐久穂積村の子供達にとって初めて見る珍しい物だったから、僕は一躍人気者になり、みんな代わる代わる乗って遊んだ。 資料作成日 Jun.23 2019


 (重要) ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。
記事を利用される方はご連絡をお願い致します。

Copyright© 2010-2019 Ushinoayumi Museum Togyu Okumura Art Room All right reserved

▲ページ先頭へ戻る Back to Top